基調講演・講演

久野靖教授

基調講演 | 久野 靖

筑波大学ビジネスサイエンス系教授

プログラミング言語、プログラミング教育、情報教育に興味を持つ。
著書に「Rubyによる情報科学入門」「Javaによるプログラミング入門」、翻訳書に「ビューティフルコード」「ディジタル作法」などがある。

原田康徳さん

特別講演 | 原田康徳

博士(工学)、ワークショップデザイナー

NTTコミュニケーション科学基礎研究所 計算機科学者。
1963年北海道生まれ。1992年北海道大学大学院情報工学専攻博士後期課程修了。同年日本電信電話株式会社 NTT基礎研究所に入所。1998年−2001年JSTさきがけ研究員。
2004年−2006年、2011−2013年IPA未踏ソフトウェア創造事業プロジェクトマネージャ。ビスケット開発者、ビスケット塾監修。数学おもちゃコレクター。のべ4000人以上の子どもたちにコンピュータの可能性と楽しさを伝えるワークショップを開催。

ライトニングトーク

(*50音順)

KatsunumaNaomi01

勝沼 奈緒実

みどりっ子クラブ

2010年3月、墨田区立緑小学校のパソコン室で初めて子どもたちとビスケットを体験しました。集まった子どもたちはみんな夢中で、パソコンが20台しかない教室は常に満員。みどりっ子クラブの活動にプログラミングを取り入れると決めたはいいけれど、プログラムを書けないスタッフが専門家の助言を頼りにビスケットに出会って、その素晴らしさを確信しました。開発者の原田博士の支援にも恵まれた4年間、様々な試みを経て、子ども同士の教えあいで素晴らしい作品が生まれています。

2002年、墨田区立緑小学校でPTA活動として始まったみどりっ子クラブに保護者として参加。子どもの卒業後も運営委員・スタッフとして、活動の提案・開催と管理面の支援も行ってきました。2009年からビジュアルプログラミング言語ビスケットを使った遊び場を定期的に開催しています。
2014年スポーツスタッキング日本大会マスター部門ダブルス2位。

kikuchi01

菊地奈緒美

青山学院大学社会情報学部生涯学習ラボ

青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラムでは、様々なワークショップを題材に、参加者の観察を行う講座があります。現在までで、合計7クラスでビスケットワークショップの観察を行ってきました。観察を行ってきた中で見えてきた、「ワークショップデザイナーから見るビスケットの魅力」について、お話ししたいと思っています。

青山学院大学社会情報学部生涯学習ラボ特別研究員/東京芸術大学・天理医療大学非常勤講師/ワークショップデザイナー育成プログラム事務局スタッフ。現在は、主に小中学校でのワークショップの実践・研究と、大学生や社会人に向けたワークショップ実践者の人材育成に関わっている。

kumai01

熊井晃史

NPO法人CANVASクリエイティブディレクター・プロデューサー

こども向けワークショップ・イベントを中心に、アプリケーション・教材・ツール開発、空間・施設のプロデュース、街づくり等様々なプロジェクトを手掛ける。

koba01

小林桂子

特定非営利活動法人デジタルポケット 代表理事

特定非営利活動法人デジタルポケットでは、「ビスケット」を活用したワークショップを教育機関・放課後教室・イベントなどで、さらに『ビスケット塾』という通年のカリキュラムによる「レッスン」を昨年から行っています。これら活動事例についてお話します。

広報・メディアアート展示企画制作、デジタルデザイン、デジタルメディアを利用したワークショップ開発などを経て、2011年11月にNPO法人デジタルポケットを設立、「ビスケット」を利用したレッスン/ワークショップを実施している。

icon_daisukesato

佐藤大祐

川口市メディアセブンスタッフ

メディアセブンでは様々な種類のワークショップを開催しており、そこでは年齢の壁を越えて同じ課題に取り組むことができます。こどもプログラミングサークルと題して「ビスケット」でも地域の様々な年齢の子供たちに受け入れられています。地域の子供たちが集る環境づくりについてお話しできればと思います。

1974生まれ、2008より川口市メディアセブンでのイベント企画・運営に携わる。
ビスケットワークショップではゲームデザイナー、サウンドクリエイター、美術
家など外部講師とのコラボレーションなどを企画。

shinbori01

新堀孝明

キッズプラザ大阪プランナー

チルドレンズミュージアムであるキッズプラザ大阪において「ビスケット」を用いた子ども向けワークショップの実施報告。2013年12月からの3か月間で、約2000人の子どもたちが体験したプログラムをふりかえり、子どもたちの遊びと学びについて考察します。

神戸芸術工科大学、IAMASに在学中より表現活動を行う。クリストフ・シャルル、三輪眞弘に師事。女子美術大学 後期博士課程満期退学。女子美術大学・武蔵野美術大学の教職を経て、2013年キッズプラザ大阪プランナーに就任。子どもたちの美意識に注目しながら、ワークショップや展示物を企画。

takao01

高尾戸美

マーブルワークショップ

ミュージアムプランナー。北海道教育大学大学院修了後、国立科学博物館勤務を経て、様々な博物館の企画・展示に携わる。現在、帝京科学大学の非常勤講師、認定ワークショップデザイナー、一般社団法人日本サイエンスコミュニケーション広報担当理事。それぞれのミュージアムの持つ空間、リソースを活かしたワークショップを全国で企画実施している。

takamiya01

高宮由美子

特定非営利活動法人子ども文化コミュニティ代表理事

子どもの参画、芸術体験活動、メディアリテラシー、コミュニケーション・デザインの研究など、子どもと大人が共に学び合う学習環境づくりに取り組んでいる。「おいでよ!絵本ミュージアム」など子どもに関する事業のプロデュースや企画運営に関わっている。

竹林暁さん

竹林 暁

株式会社TENTO代表

ICT/プログラミングスクールTENTOでは、さまざまはプログラミング体験を子どもたちに提供していますが、そのひとつとしてビスケットを活用しています。他のプログラミング言語と比較して優れた点、またどんな子供が夢中になっているかを交えて語りつつ、ビスケットの教育現場での活用術を浮かび上がらせます。

ICT/プログラミングスクールTENTOの共同創立者にして代表。
東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻にて認知言語学を学ぶ。
教育者として、プログラマーとしてまた認知研究者としてプログラミング教育の未来を常に考えている。

土屋久男さん

土屋 久男

文京区教育センター

文京区教育センターでは、2012年度より情報処理学会との連携のなかで『こどもパソコン教室』にビスケットを導入しました。
この取り組みに至る経過やこれまでの運営・活動の実際について概略を報告します。

2012年度より、文京区教育センター 情報科学(ICT)担当 専門指導員、子どもパソコン教室の企画・運営などを担当している。

maki01

牧 紀子

湘南工科大学工学部コンピュータ応用学科講師

湘南工科大学においては「社会貢献活動」というカリキュラムの一環でビスケット・ワークショップを実習テーマの一つとして取り上げている。今回は、ワークショップのサポート経験を持つ学生がファシリテーターの立場でワークショップを開催した活動を例に挙げ、「ビスケットの魅力」について触れたい。

2001年3月青山学院大学大学院博士後期課程修了(工学)。
青山学院大学附置情報科学研究センター助手を経て、2006年より湘南工科大学に所属。
2013年度より同大学社会貢献活動連絡協議会の委員として、「ビスケット・ワークショップ」の実習を担当。

yoshimoto01

吉本奈津子

足立区梅田地域学習センター

地域学習センターでの実施において環境/予算/参加意識というハードルがあったが、ファシリテーター講習等のサポートと、「ビスケット」のコンテンツ力を生かし、継続した実施が叶っている。公の中で民間力を活かさねばならない指定管理者の立場での活用方法について報告する。

ヤオキン商事㈱ 施設管理部 所属、梅田地域学習センター配属。青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了。認定キャリア教育コーディネーター。生涯学習センターや図書館の指定管理として施設管理、講座企画・運営を行う。その他、こども向けワークショップや放課後サポート、中高生向けキャリア教育授業に参加。

金井信夫さん

金井信夫

足利市立葉鹿小学校教諭

佐野市立多田小学校時代にICTを活用した授業実践を始める。平成17年度に財団法人コンピュータ開発センター(CEC)のEスクエア・エボリューション学校企画に採択される(e-黒板を「いい黒板」にするための活用法の研究)。以後、ICTの学習活動における活用実践・普及に力を注いできた。

平成19年度 文部科学省委託事業 先導的教育情報化推進プログラム「電子黒板普及推進に資する調査研究事業」実施委員会メンバー
平成24年〜25年 日本デジタル教科書学会理事

ワークショップ

渡辺勇士

渡辺勇士

特定非営利活動法人デジタルポケット理事

明治大学商学部を卒業後、繊維商社に勤務後、眼鏡店勤務。
演劇のワークショップとの出会いをきっかけに地域に根ざしたアートを学ぶために退職。その後、青山学院大学ワークショップデザイナー2期の履修を経て、青山学院大学社会情報学研究科にて修士号を取得。大学院修了後は全国の小学校をはじめとした教育施設やイベントなどでワークショップファシリテーターとしても活躍する。